ロイさんの気ままな絵日記

アクセスカウンタ

zoom RSS ダシ(離岸流)のこわさ

<<   作成日時 : 2017/08/13 09:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

 3連休の初日となった11日、各地の海や川では、夏休みを利用して訪れた人らに事故が相次いだ。共同通信の午後10時現在のまとめでは、川で溺れた5歳の男児が死亡するなど、新潟、静岡、滋賀、高知、福岡、長崎、鹿児島各県で計9人が亡くなるなど痛ましい水難事故が報じられた。11日午後1時50分ごろ、福岡県古賀市天神6丁目の花鶴が浜公園近くの海岸で、家族で泳ぎに来ていた父親(36)と男児2人がおぼれ、行方不明になった。福岡県警や福岡海上保安部によると、このうち5歳の次男尾が午後4時ごろに海中で見つかり、搬送先の病院で死亡が確認された。また3人を助けに向かったTさん(49)もおぼれ、救助されたが亡くなった。死因はいずれも水死。 警察や目撃者の話などによると、水遊び中に海岸から沖合へ急速に流れる「離岸流」が影響した可能性があるという。
(離岸流)は、波打ち際から沖に向かう流れのことで、海水浴、サーフィン等を行う場合、溺れたり、沖合まで流されたりする事がある大変危険な流れで、毎年多くの事故が起きている。私の家から遠州灘海岸まで約2kmで子供の頃夏休みになると近所の友達と一緒に水遊びに行ったものだ。波の打ち寄せる海岸で遊んでいると、漁師のおじさんが「ダシ」に気をつけろと怖い顔で注意してくれた。「ダシ」とは離岸流のことだ。離岸流は、波打ち際から沖に向かう流れのことで、海水浴、サーフィン等を行う場合、溺れたり、沖合まで流されたりすることがある大変危険な流れで、毎年多くの事故が起きている。沖に向かう流速は、波の高さにもよるが、最高で秒速2mにもなり、だしの幅は10〜30m程度だ。だし≠ニその隣の離岸流との間隔は、一般的には波が砕ける位置から波打ち際までの距離の約3倍程度とされている。またその発生形態は波の高さや、海岸、海底の形状によって様々ですが非常に流れが速いのが特徴です。例えば流速は秒速2mにもなるといわれ、このスピードは100m自由形世界記録の秒速2.09mを上回る速さ早さだ。とても普通の人が泳いでもとてもかなわないスピードです。離岸流(ダシ)は外海の海岸で泳いだり、水遊びをする時に最も注意する必要のある海浜の流れだ。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ダシ(離岸流)のこわさ ロイさんの気ままな絵日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる